ROOTTOTAL DESIGN WORKS

KITASHINCHI-KAI

ロケーション
大阪市北区
用途
洋食レストラン
規模
約40㎡
竣工
2014年
写真
松岡 宏和

北新地の洋食屋さん。
カウンターと個室で構成され、カウンターをメインに料理を提供するお店。ご要望されたのは場所柄高級感はもちろんのこと、他店にない「ビンテージ感」を表現したいとのことでした。
そこでカウンタートップには左官職人の手仕事によって丹念に製作されたテラゾー仕上げとし、ここでしか味わえない表情を作り込みました。また、カウンター正面にはオーナーさんコレクションによる数々のビンテージな物をディスプレイするために百年以上使い込まれたビンテージ木材で製作した箱(棚)を 歴史を積みかねるようにランダムに積み上げました。
また、カウンター下にはブリキ板や使い込まれることで味のでる本革の椅子、黒皮鉄板による扉等…昔からある素材やこれから歴史を積み重ねることに相応しい素材を揃え、どこにもない積みかさねた懐かしい時間を味わう新しい空間を提案しました。