ROOTTOTAL DESIGN WORKS

天ぷら うらかみ

ロケーション
大阪市福島区
用途
日本料理(天ぷら料理)
規模
約45m²
竣工
2016年
写真
河田 弘樹

大阪市内福島にある道路に面した天ぷら屋さん。
場所は大通りから一歩入った所にあり、隠れ家としてお店の顔を持つ一方で外部からでも店内が少しでもわかるようご要望されました。
また、カウンターをメインとし、個室的空間としてテーブル席が利用できるようなレイアウトをご要望されました。
また、限られたコストの中でいかに既存を利用するかということも検討しました。
そこでカウンターを中心に新設されている部分を箱にみたて、箱にカウンターを設置したような形状としました。
その箱が既存の空間に配置されており、ファサードにも顔を出しているような構成とし、カウンターメインであることをアピールしました。
その箱以外の部分(天井や一部壁)は既存とし、新設の箱との対比で新設の箱にあるカウンターがより浮かび上がるようにしました。
また、箱以外の顔はほぼガラスとし、店内(カウンター)が見えるつくりとし外部からも店内が見えるようにしました。
また、テーブル席には着席すると人の気配を感じさせないぐらいの高さのパーティションを設置し個室的空間でありながら圧迫感を感じさせないようにかつ、外部から奥まで見渡せて、カウンター全体が見えるようレイアウトしました。
それらの効果により、隠れ家として利用できる空間となりました。
そして、様々な方にお店を利用して頂きたいという思いが込められたシンプルにお料理を見せるお店を目指しました。